組織概要

組織図

組織図

沿革

1949年 財団法人 セルロイド検査協会として設立。
輸出品取締法に基づく指定検査機関として認可される。
1956年 財団法人 日本輸出プラスチック検査協会と名称変更。
1958年 輸出検査法の施行にともない、指定検査機関として認可される。
1960年 通商産業省工業技術院の支援のもとに、プラスチック標準試験方法研究会が発足。
1964年 財団法人 日本プラスチック検査協会と名称変更。
1977年 食品衛生法に基づく指定検査機関として認可される。
1981年 工業標準化法に基づく認定検査機関として認可される。
1985年 財団法人 高分子素材センターと名称変更。
プラスチック標準試験方法研究会と合併・改組し、試験・検査事業部及び新素材事業部を設立し、2事業部制となる。
1996年 食品衛生法の改正に伴い、指定検査機関として認可される。
1998年 財団法人 高分子素材センターを改組して財団法人 化学技術戦略推進機構となる。
工業標準化法の改正に伴い、指定検査機関として認可される。
1999年 独立行政法人 製品評価技術基盤機構より ISO/IEC Guide25に基づくJNLA試験事業者に認定される。
2002年 独立行政法人 製品評価技術基盤機構より ISO/IEC 17025に基づくJNLA試験事業者に認定される。
2004年 食品衛生法の改正に伴い、登録検査機関として認可される。
2007年 日本化学試験所認定機構より ISO/IEC 17025に基づく試験所に認定される。
2011年 戦略推進事業を別法人に移管し、財団法人 化学研究評価機構と名称変更。
東京都江東区東雲に試験所を建設し、東京事業所を移転。
2012年 一般財団法人に移行し、「一般財団法人 化学研究評価機構」と名称変更。